経営管理研究科 国際企業戦略専攻 ホーム  >  EMBAプログラム  >  入試概要

入試概要

選考基準

一橋ICSのEMBAプログラムは、将来経営幹部になると目される30~40代のビジネスパーソンを対象に作られています。授業はすべて英語で行われるため、ビジネスレベルの英語力が必要です。

またEMBAプログラムのメリットの一つに、学生同士が構築するネットワークがあげられます。クラスは、業種・国籍・性別等を考慮し、多様な実社会と近い形で編成されます。定員は15名程です。多様な考え方や経験を持つエグゼクティブが、親睦を深めながら集中して学習するのに適した人数です。

申請方法

申請には二段階があります。
なお、2018年度(9月)入学のための入試は、2018年4月に追加募集を行います。

1.2018年4月18日 までに出願書類一式(application package)を提出してください。
2.書類選考通過者には、面接、テレビ会議または電話による面接が行われます。

出願書類一式には、企業派遣の出願者の場合は所属企業が出願者のスポンサーであることを明記した正式書類(スポンサーレター)、個人負担の出願者の場合は推薦者からのレファレンスレターおよび小論文が含まれます。GMATスコアや英語スコア(TOEFL、TOEIC、IELTS)は必須ではありませんが、提出可能です。スポンサーレターには、所属企業が出願者を支援することを証明できる上級管理職の方を一名、記入してください。

面接はすべて英語で行われます。一般的なケースインタビュー(簡単なビジネス事例が提示され、それについて複数の面接官と協議する)形式で行います。
注意点
  • 企業のスポンサーレターあるいは推薦者のレファレンスレター以外の申請書類は、すべて一橋ICS EMBAオンライン出願システムから提出してください。
    オンライン出願については、こちらでご確認ください。当URLは、出願期間になりましたら公開されます。
  • 追加書類の提出が必要な場合もあるため、出願は早めに行うことをお勧めします。
出願については、ウェブサイトの出願申請タブをご参照ください。Application Packageにも詳細な記載があります。
ページトップへ
PORTER PRIZE