ゲストスピーカーとして、日本取引所グループ 斉藤 惇氏が来校されました

2014/05/07

guestspeaker_img_140512.jpg株式会社日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO 斉藤 惇氏が、4月15日、伊藤友則教授の授業「Applied Corporate Finance」にゲストスピーカーとして来校されました。株式会社日本取引所グループは、2013年1月1日に、株式会社東京証券取引所グループと株式会社大阪証券取引の経営統合により発足しました。
斉藤氏は、日本取引所グループのCEOとして日本企業のコーポレートガバナンスの強化を推進しておられます。

今回の授業では、NECエレクトロニクスのケースに基づいて、伊藤教授のファシリテーションのもと、1時間に亘り学生が親子上場の問題、経営陣の一般株主に対する責任などについて議論をし、その上で斉藤氏との間で、日本におけるコーポレートガバナンスの問題、コーポレートガバナンスを強化することがいかに日本企業の成長を助けるのか、短期志向になっている株主に対して経営者はどのように対応したらいいのかなどについて、活発に質疑・議論がされました。