ゲストスピーカーとして、ユニゾンキャピタル株式会社の江原 伸好氏が来校されました

2016/07/14

P6300022.JPG6月30日(木)の伊藤友則教授の「Applied Corporate Finance」の授業に、ユニゾンキャピタル株式会社の創設者で、代表取締役である、江原 伸好氏がゲストスピーカーとして登壇されました。ユニゾンキャピタルは日本のプライベートエクィティーファンドの中でも最も成功している一社ですが、江原氏は同社創設前は、ゴールドマンサックスにてインベストメントバンカーとして16年間務め、日本における同社の陣容を3名から1000名を超えるまでに育て上げました。

クラスで江原氏は、プライベートエクイティーファンド(PE)のビジネスモデルについて講義をしましたが、特にPEがどのように機能するのか、PEはどのように価値創造するのか、また、資本構成や出口戦略などについて説明されました。

その上でさらに学生と1時間に亘る質疑応答を行い、なぜユニゾンを創設したのかといった江原氏自身のキャリアのお話や、ユニゾンにおける業績評価、PEでの案件発掘の重要さなどについても語ってくださいました。また、学生達に、夢を追い求め、失敗から学ぶことも勧め、ビジネスで成功するためには、公平で透明性のある行動をとることが大事であることも教えてくださいました。 こうした深い見識に富んだお話を伺うことができ、学生達にとって、とても有意義な講義となりました。