キッコーマン株式会社 取締役名誉会長/取締役会議長の茂木友三郎氏が来校されました

2018/01/15

Mogi-san.jpg1月12日、EMBA プログラムの授業に、キッコーマン株式会社取締役名誉会長兼取締役会議長・茂木友三郎氏がゲストスピーカーとして登壇されました。この授業のテーマは「百年企業の作り方」でしたが、同社は昨年創立100周年を迎え、その間に日本の醤油会社からグローバルな食品会社に飛躍することができました。この授業では同社が、いかにその間の変革とイノベーションを実現しつつ企業理念を維持し続けることができたのかを模索いたしました。

Mogi-san2.jpg同社の紹介ビデオが投影された後、茂木氏が簡単に会社の紹介をされ、その後、伊藤友則教授との間で、同社の海外進出、多角化、リスクの取り方、リーダーシップなどについて対談が行われました。その後、茂木氏は約一時間に渡り学生との質疑応答を行い、リスクテーキング、許される失敗とそうでない失敗、マーケットリサーチの限界、ビジネススクール教育の価値、長期戦略の大事さ等についてお話しされました。

Mogi-san3.jpg22年間キッコーマンのCEO(および会長)を務めた茂木氏のご経験を共有していただき、学生達にとっては会社経営とリーダーシップについて学ぶ大変貴重な機会となりました。