Toan Do (Class of 2017)が2019年度St. Gallen Symposiumの3位に選ばれました

2019/05/10

IMG-0395.png一橋ビジネススクールの卒業生(Class of 2017)で、現在Yale大学のMOMを履修中のToan Do氏がSt. Gallen Symposiumで第3位を獲得しました。

今年度のテーマは"Capital for Purpose”。Toanは"Empowering Social Impact Businesses" とのタイトルで、影響力のあるエコシステムの構築を政府が主導すべきであり、大胆な税制の変革など、「お金」から「効果」へと議論を転換させるべきであると提案しました。

Toanの提案はこちらから.