教員紹介

SUZUKI, Satoko
准教授
鈴木 智子
SUZUKI, Satoko

専攻分野

消費者行動論、マーケティング

担当授業

Marketing (MBA), Design Thinking (MBA), Global Network Week (MBA), Qualitative Research Methods (DBA)

略歴

日本ロレアル(株)、ボストン・コンサルティング・グループに勤務した後、一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士(MBA)、同博士後期課程(DBA)修了し、博士(経営学)を取得
京都大学大学院経営管理研究部特定講師、特定准教授を経て、現職

外部委員等

経済産業省「グローバルサービス創出研究会」委員、経済産業省「おもてなし経営企業選」選考委員、中小企業庁「尾州TASAI委員会」委員、株式会社三菱総合研究所「東京ホスピタリティプロジェクト ビジョン策定委員会」委員、等を歴任。 現在、株式会社ローソン社外取締役、日本マーケティング学会理事、サービス学会理事

主な論文

  • Masuda, T., Ito, K., Lee, J., Suzuki, S., Yasuda, Y., & Akutsu, S. (2020). Culture and business: How can cultural psychologists contribute to research on behaviors in the marketplace and workplace? Frontiers in Psychology, 11:1304, DOI:10.3389/fpsyg.2020.01304.
  • 鈴木智子(2020)「アトラエ:ホラクラシー経営におけるインターナルブランディングの役割」『一橋ビジネスレビュー』
  • 鈴木智子(2019-2020)「全員経営のブランドマネジメント」(6回連載)『一橋ビジネスレビュー』
  • Suzuki, S., Hamamura, T., & Takemura, K. (2019). Emotional fortification: Indulgent consumption and emotion reappraisal and their implications for well-being. Journal of Consumer Behaviour, 18(1), 25-31, DOI:10.1002/cb.1746.
  • 鈴木智子・野ヶ本直子(2019)「ネスレ日本:マスブランド「キットカット」のプレミアム化戦略」『一橋ビジネスレビュー』67(2), 112-121
  • Suzuki, S. (2018). Revisiting the creation of meaning by media: A perspective from Japan. Markets, Globalization & Development Review, 3(1), Article 4, DOI: 10.23860/MGDR-2018-03-01-04.
  • Suzuki, S., & Kanno, S. (2018).Self-gifting in interdependent cultures: Lonely mothers and self-compassion. European Advances in Consumer Research, Volume 11, pp. 51-54.http://www.acrwebsite.org/volumes/v11e/eacr_v11_1700129.pdf
  • Suzuki, S., & Park, J. (2018). Consumer evaluation of healthy, unpleasant-tasting food and the post-taste effect of positive information. Food Quality and Preference, 66, pp. 107-110, DOI:10.1016/j.foodqual.2018.01.006.
  • 鈴木智子・竹村幸祐・浜村武(2018)「結果またはプロセス重視のサービス・リカバリーに対する評価と行為同定の関係」『流通研究』21(1), 67-75, DOI:10.5844/jsmd.21.1_67.
  • Takemura, K., & Suzuki, S. (2017). Self-expression and relationship formation in high relational mobility environments: A study of dual users of American and Japanese social networking sites. International Journal of Psychology, 52(3), pp. 251-255, DOI:10.1002/ijop.12208.
  • Lu, M., Hamamura, T., Doosje, B., Suzuki, S., & Takemura, K. (2017). Culture and group-based emotions: Could group-based emotions be dialectical? Cognition and Emotion, 31(5), pp. 937-949, DOI:10.1080/02699931.2016.1185394.
  • Suzuki, S., Kanno, S., Mizukoshi, K., & Fujikawa, Y. (2016). Consuming“to have no self”: Kawaii consumption in Japanese women’s identity work. In P. Moreau & S. Puntoni (eds). Advances in Consumer Research, 44, pp. 348-352.http://www.acrwebsite.org/volumes/1021147/volumes/v44/NA-44
  • 鈴木智子・阿久津聡(2016)「共同ブランドにおける親ブランドの一致に関する考察─日本における共同ブランド戦略の構築に向けて―」『マーケティングジャーナル』36(1), 72-87, DOI:10.7222/marketing.2016.030.
  • Takemura, K., Hamamura, T., Guan, Y., & Suzuki, S. (2016). Contextual effect of wealth on independence: An examination through regional differences in China. Frontiers in Psychology, 7:384, DOI:10.3389/fpsyg.2016.00384.
  • Fujiwara, K., Takemura, K., & Suzuki, S. (2016). When a smile does no good: Creativity reduction among avoidance- versus approach-oriented individuals in dyadic interactions. International Journal of Innovation Management, 20(4), 1640007, DOI: 10.1142/S1363919616400077.
  • 鈴木智子(2015)「「おもてなし」で競争優位性を築く海外展開─ 株式会社ファミリーマート ─」『マーケティングジャーナル』34(3), 129-144, DOI:10.7222/marketing.2015.010
  • 鈴木智子・竹村幸祐(2014)「サービス業のグローバル・ブランディングに関する再考─ユニバーサル・スタジオの事例から―」『マーケティングジャーナル』33(3), 108-126.https://www.j-mac.or.jp/mj/mj_detail.php?book_id=26
  • 鈴木智子・原田緑(2013)「資生堂:グローバル展開―中国における「おもてなし」サービスの活用」『一橋ビジネスレビュー』61(3), 142-151.
  • 鈴木智子(2013)「イノベーションの普及と正当化プロセス:『自分へのご褒美』消費の普及を事例にして」『一橋ビジネスレビュー』61(1), 172-187.
  • 竹村幸祐・浜村武・鈴木智子(2013)「社会心理学・文化心理学的視座からの日中関係の検討:好意的申し出への反応における内集団バイアス」『組織科学』46(4), 45-55, DOI:10.11207/soshikikagaku.46.4_45.
  • 鈴木智子(2013)「消費の意味創造システムにおけるメディアの役割の再検討:メディアによる意味の創造」『商品研究』58 (3/4), 15-29.
  • 鈴木智子・阿久津聡(2012)「消費行動に対する文化的自己観の影響に対する考察:弁証法的自己観に着目して」『マーケティングジャーナル』32(1), 75-87.https://www.j-mac.or.jp/mj/mj_download.php?backnumber=2012
  • Suzuki, S., & Akutsu, S. (2012).I don’t need an agreement on my inconsistent consumption preferences: Multiple selves and consumption in Japan. In Z. Gürhan-Canli, C. Otnes, & R. Zhu (eds.). Advances in Consumer Research, 40, 469-474. http://www.acrwebsite.org/volumes/v40/acr_v40_12179.pdf

主な著作・翻訳

  • 川上智子・岩本明憲・鈴木智子(印刷中)『ベーシック・マーケティング』中央経済社.
  • Suzuki, S., & Yamauchi, Y. (2018). The dynamic context of service exchange: Rethinking service context from a performativity lens. In S. L. Vargo, & R. F. Lusch (Eds.), The SAGE handbook of service-dominant logic (pp. 161 - 174). London, UK: Sage Publications. ISBN: 9781526402837
  • Kanno, S., & Suzuki, S. (2018). Romantic self-gifts to “hidden true self”: Self-gifting and multiple selves. In Y. Minowa, & R. W. Belk (Eds.), Gifts, romance, and consumer culture (pp. 204-217) New York, NY: Routledge. ISBN: 9781138500709
  • Fujiwara, K., Takemura, K., & Suzuki, S. (2017). When a smile does no good: Creativity reduction among avoidance- versus approach-oriented individuals in dyadic interactions. In A. Brem, R. Puente-Diaz, & M. Agogué (Eds.), The role of creativity in the management of innovation: State of the art and future research outlook. Series on technology management, Volume 27, Series on technology management (pp. 159 - 180). New Jersey, US: World Scientific. ISBN: 9781786342003
  • 松井剛(監修、翻訳)・大竹光寿・北村真琴・鈴木智子・西川英彦・朴宰佑・水越康介(翻訳)(2015)『ソロモン 消費者行動論』丸善出版.
  • 鈴木智子・竹村幸祐(2014)「日本型クリエイティブ・サービスのグローバル展開事例」(第9章)『日本型クリエイティブ・サービスの時代―「おもてなし」への科学的接近』小林潔司・原良憲・山内裕(編集)日本評論社.
  • 竹村幸祐・鈴木智子・藤原健(2014)「サービスの実証的合理性理解―定量心理学調査」(第6章)『日本型クリエイティブ・サービスの時代―「おもてなし」への科学的接近』小林潔司・原良憲・山内裕(編集)日本評論社.
  • 鈴木智子(2013)『イノベーションの普及における正当化とフレーミングの役割:「自分へのご褒美」消費の事例から』白桃書房.
  • Suzuki, S., & Takemura, K. (2013). Culture and social media: Exploration of differences between the U.S. and Japan. In M. R. Olivas-Luján & T. Bondarouk (Eds.), Advanced series in management, Volume 11, Social media in strategic management (pp. 245 - 258). Bingley, UK: Emerald. ISSN: 1877-6361

主な賞

  • Suzuki, S., & Park, J. (2020). Consumer evaluation of healthy, unpleasant-tasting food and the post-taste effect of positive information. 日本商品学会 奨励賞
  • Suzuki, S., Hamamura, T., & Takemura, K. (2019). Emotional fortification: Indulgent consumption and emotion reappraisal and their implications for well-being. Journal of Consumer Behaviour, 18(1), 25-31, DOI:10.1002/cb.1746. Top 10% Most Downloaded Papers (2018-2019).
  • 鈴木智子・阿久津聡(2016)「グローバル・ブランドのブランド・パーソナリティ国際比較評価」日本マーケティング学会 オーラルセッション2016 / ベストペーパー賞
  • 鈴木智子(2015)「消費の意味創造システムにおけるメディアの役割の再検討:メディアによる意味の創造」(2012年商品研究第 58巻 3・4号)日本商品学会 奨励賞
  • 藤原健・竹村幸祐・鈴木智子(2014)「笑顔が人をダメにするとき-受け手の創造性に対する影響と接近・回避志向による調整効果-」日本心理学会 優秀発表賞
  • 鈴木智子(2011)「イノベーションの普及と正当化プロセス:『自分へのご褒美』消費の普及を事例にして」一橋大学IIRサマースクール 研究発表優秀賞