教員紹介

SUZUKI, Satoko
准教授
鈴木 智子
SUZUKI, Satoko

専攻分野

消費者行動論、マーケティング、国際マーケティング、ブランド・マネジメント

担当授業

Marketing, Design Thinking

略歴

日本ロレアル(株)、ボストン・コンサルティング・グループに勤務した後、一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士(MBA)、同博士後期課程(DBA)修了し、博士(経営学)を取得。
京都大学大学院経営管理研究部特定講師、特定准教授を経て、現職。

外部委員等

経済産業省「グローバルサービス創出研究会」委員、経済産業省「おもてなし経営企業選」選考委員、中小企業庁「尾州TASAI委員会」委員、株式会社三菱総合研究所「東京ホスピタリティプロジェクト ビジョン策定委員会」委員、等を歴任。

主な論文

Suzuki, S., Kanno, S., Mizukoshi, K., & Fujikawa, Y. (2016). Consuming “to have no self”: Kawaii consumption in Japanese women’s identity work. In P. Moreau & S. Puntoni (eds). Advances in Consumer Research, 44, pp. 348-352. http://www.acrwebsite.org/volumes/1021147/volumes/v44/NA-44
鈴木智子・阿久津聡(2016)「共同ブランドにおける親ブランドの一致に関する考察─日本における共同ブランド戦略の構築に向けて―」『マーケティングジャーナル』36(1), 72-87.
Takemura, K., Hamamura, T., Guan, Y., & Suzuki, S. (2016). Contextual effect of wealth on independence: An examination through regional differences in China. Frontiers in Psychology, 7:384, DOI: 10.3389/fpsyg.2016.00384.
Fujiwara, K., Takemura, K., & Suzuki, S. (2016). When a smile does no good: Creativity reduction among avoidance- versus approach-oriented individuals in dyadic interactions. International Journal of Innovation Management, 20(4), 1640007, DOI: 10.1142/S1363919616400077.
Lu, M., Hamamura, T., Doosje, B., Suzuki, S., & Takemura, K. (2016). Culture and group-based emotions: Could group-based emotions be dialectical? Cognition and Emotion, DOI: 10.1080/02699931.2016.1185394
鈴木智子(2015)「「おもてなし」で競争優位性を築く海外展開─ 株式会社ファミリーマート ─」『マーケティングジャーナル』34(3), 129-144. https://www.j-mac.or.jp/mj/mj_detail.php?book_id=30.
Takemura, K., & Suzuki, S. (2015). Self-expression and relationship formation in high relational mobility environments: A study of dual users of American and Japanese social networking sites. International Journal of Psychology, DOI: 10.1002/ijop.12208.
鈴木智子・竹村幸祐(2014)「サービス業のグローバル・ブランディングに関する再考─ユニバーサル・スタジオの事例から―」『マーケティングジャーナル』33(3), 108-126. https://www.j-mac.or.jp/mj/mj_detail.php?book_id=26.
鈴木智子・原田緑(2013)「資生堂:グローバル展開―中国における「おもてなし」サービスの活用」『一橋ビジネスレビュー』61(3), 142-151.
Matsui, T., Suzuki, S., & Washida, Y. (2014). Cross-border gatekeeper of foreign creative industry products: The case of manga (Japanese comics) and sushi in French market. 2014 Global Marketing Conference at Singapore Proceedings, 149-152, DOI: 10.15444/GMC2014.01.07.04. 鈴木智子(2013)「イノベーションの普及と正当化」『繊維製品消費科学』54(4), 13-19.
鈴木智子(2013)「イノベーションの普及と正当化プロセス:『自分へのご褒美』消費の普及を事例にして」『一橋ビジネスレビュー』61(1), 172-187.
竹村幸祐・浜村武・鈴木智子(2013)「社会心理学・文化心理学的視座からの日中関係の検討:好意的申し出への反応における内集団バイアス」『組織科学』46(2), 45-55.
鈴木智子(2013)「消費の意味創造システムにおけるメディアの役割の再検討:メディアによる意味の創造」『商品研究』58 (3/4), 15-29.
鈴木智子・阿久津聡(2012)「消費行動に対する文化的自己観の影響に対する考察:弁証法的自己観に着目して」『マーケティングジャーナル』32(1), 75-87. https://www.j-mac.or.jp/mj/mj_download.php?backnumber=2012.
Suzuki, S., & Akutsu, S. (2012). I don’t need an agreement on my inconsistent consumption preferences: Multiple selves and consumption in Japan. In Z. Gürhan-Canli, C. Otnes, & R. Zhu (eds.). Advances in Consumer Research, 40, 469-474. http://www.acrwebsite.org/volumes/v40/acr_v40_12179.pdf.

主な学会発表

Suzuki, S., Sood, S., & Akutsu, S. (2017). The effect of culture and gender on the attitudes toward cobranded products. SCP-JACS Collaborative Conference, Tokyo, Japan.
Suzuki S. & Takemura, K. (2017). The Effects of Diversity in Innovation: The Moderating Role of Universal-Diverse Leaders. Academy of International Business, 2017 Annual Meeting, Dubai, UAE.
Suzuki, S., Kanno, S., Mizukoshi, K., & Fujikawa, Y. (2016). Consuming “to have no self”: Kawaii consumption in Japanese women’s identity work. 2016 North American Conference of the Association for Consumer Research, Berlin, Germany.
Suzuki, S., Iwamoto, A., & Kawakami, T. (2016). Marketing in steady-state economy: Exploratory case study on pioneering firms. 2016 Global Marketing Conference, Hong Kong.
Suzuki, S., Hamamura, T., & Takemura, K. (2015). Cultural differences in indulgent consumption: The influence of emotion reappraisal tendency. 2015 International Conference of Asian Marketing Associations, Tokyo, Japan.
Suzuki, S., Takemura, K., & Hamamura, T. (2015). Effects of the focus on goals versus processes of actions on consumers’ perceptions of service recovery efforts. 2015 Naples Forum on Service, Naples, Italy.
Suzuki, S., Akutsu, S., & Kohlbacher, F. (2014). When interdependents do not donate: The effect of fear on charitable giving. 2014 North American Conference of the Association for Consumer Research, Baltimore, MD, U.S.
Suzuki, S., Takemura, K., & Hamamura, T. (2013). Differences in East Asian self-gifting and role of independence within interdependent cultures. Society for Consumer Psychology Summer Conference, Honolulu, HI, U.S.
Suzuki, S., & Akutsu, S. (2012). I don’t need an agreement on my inconsistent consumption preferences: Multiple selves and consumption in Japan. 2012 North American Conference of the Association for Consumer Research, Vancouver, Canada.
鈴木智子・阿久津聡・竹村幸祐・浜村武(2012)「日本語版弁証法的自己観尺度(Dialectical Self Scale)の開発」日本社会心理学会第53回大会, 筑波大学.
http://iap-jp.org/jssp/conf_archive/detail.php?s=2012-A-0037

主な著作・翻訳

川上智子・岩本明憲・鈴木智子(印刷中)『ベーシック・マーケティング』中央経済社.
松井剛(監修、翻訳)・大竹光寿・北村真琴・鈴木智子・西川英彦・朴宰佑・水越康介(翻訳)(2015)『ソロモン 消費者行動論』丸善出版.
鈴木智子・竹村幸祐(2014)「日本型クリエイティブ・サービスのグローバル展開事例」(第9章)『日本型クリエイティブ・サービスの時代―「おもてなし」への科学的接近』小林潔司・原良憲・山内裕(編集)日本評論社.
竹村幸祐・鈴木智子・藤原健(2014)「サービスの実証的合理性理解―定量心理学調査」(第6章)『日本型クリエイティブ・サービスの時代―「おもてなし」への科学的接近』小林潔司・原良憲・山内裕(編集)日本評論社.
鈴木智子(2013)『イノベーションの普及における正当化とフレーミングの役割:「自分へのご褒美」消費の事例から』白桃書房.
Suzuki, S., & Takemura, K. (2013). Culture and social media: Exploration of differences between the U.S. and Japan. In M. R. Olivas-Luján & T. Bondarouk (Eds.), Advanced series in management, Volume 11, Social media and management (pp. 245 - 258). Bingley, UK: Emerald.

主な賞

鈴木智子・阿久津聡(2016)「グローバル・ブランドのブランド・パーソナリティ国際比較評価」日本マーケティング学会 オーラルセッション2016 / ベストペーパー賞
鈴木智子(2015)「消費の意味創造システムにおけるメディアの役割の再検討:メディアによる意味の創造」(2012年商品研究第 58巻 3・4号)日本商品学会 奨励賞
藤原健・竹村幸祐・鈴木智子(2014)「笑顔が人をダメにするとき-受け手の創造性に対する影響と接近・回避志向による調整効果-」日本心理学会 優秀発表賞
鈴木智子(2011)「イノベーションの普及と正当化プロセス:『自分へのご褒美』消費の普及を事例にして」一橋大学IIRサマースクール 研究発表優秀賞