教員紹介

FUJIMOTO, Takahiro
非常勤講師
藤本 隆宏
FUJIMOTO, Takahiro

専攻分野

技術・生産管理論、進化経済学

担当授業

Management Essentials, Mastery Launchpad(EMBA)

東京大学大学院経済学研究科教授・東京大学ものづくり経営研究センター長

1955年東京生まれ。1979年東京大学経済学部卒業、株式会社三菱総合研究所入社。1989年ハーバード大学ビジネススクール博士号取得(D.B.A.)。1990年東京大学経済学部助教授。1996-7年ハーバード大学ビジネススクール客員教授、1997年より同大学上級研究員、1998年より東京大学大学院経済学研究科教授。2004年より東京大学ものづくり経営研究センター長。2013年より 一般社団法人ものづくり改善ネットワーク代表理事。

東京大学経済学部卒業、三菱総合研究所を経て、ハーバード大学ビジネススクール博士号取得(D.B.A.)。研究分野は技術・生産管理論、進化経済学。

<主な著書>Product Development Performance, Harvard Business School Press(共著、邦訳『製品開発力』ダイヤモンド社)、『生産システムの進化論』(有斐閣)、The Evolution of a Manufacturing System at Toyota, Oxford University Press、『マネジメント・テキスト 生産マネジメント入門(I・II)』、『日本のもの造り哲学』『ものづくりからの復活』(いずれも日本経済新聞出版社)、『建築ものづくり論』(共編著、有斐閣)、『現場から見上げる企業戦略論』(角川新書)ほか。

主要著書:

『製品開発力』キム・クラークと共著、ダイヤモンド社、1993/『生産システムの進化論』有斐閣、1997/『サプライヤーシステム』西口敏宏、伊藤秀史と共編著、有斐閣、1997/『成功する製品開発』安本雅典と共編著、有斐閣、2000/『トヨタシステムの原点』下川浩一と共著、文眞堂2001/『ビジネス・アーキテクチャ』武石彰・青島矢一と共編著、有斐閣、2001/『生産マネジメント入門(I)(II)』日本経済新聞社、2001/『能力構築競争』中央公論新社、2003/『日本のもの造り哲学』日本経済新聞社、2004/『中国製造業のアーキテクチャ分析』新宅純二郎と共編著、東洋経済新報社、2005/『ものづくり経営学-製造業を超える生産思想-』東京大学ものづくり経営研究センターと共編著、光文社新書、 2007/『日本型プロセス産業』桑嶋健一と共著、有斐閣、2009/『ものづくりからの復活~円高・震災に現場は負けない』日本経済新聞出版社、2012/『「人工物」複雑化の時代』編著、有斐閣、2013/『ものづくり成長戦略――産・金・官・学の地域連携が日本を変える』柴田孝と共編著、光文社新書、2013/『ホンダ生産システム』下川浩一らと共著、文眞堂、2013/『現場主義の競争戦略-次代への日本産業論-』新潮社新書2013/『ITを活かすものづくり』朴英元と共編著、日本経済出版社、2015/『日本のものづくりの底力』新宅純二郎、青島矢一と共編著、東洋経済新報社、2015/『建築ものづくり論』野城智也、安藤正雄、吉田敏と共編著、有斐閣2015/『ものづくりの反撃』中沢孝夫、新宅純二郎と共著、ちくま新書、2016/『現場から見上げる企業戦略論』角川新書、2017