経営管理研究科 国際企業戦略専攻 ホーム  >  ニュース  >  ゲストスピーカー  >  ゲストスピーカーとして、日本たばこ産業の元副社長の新貝康司氏が来校されました

ゲストスピーカー

2018/07/17
ゲストスピーカーとして、日本たばこ産業の元副社長の新貝康司氏が来校されました

P1040851.JPG日本たばこ産業株式会社の元代表取締役副社長の新貝康司氏が、7月12日、伊藤友則教授の授業「Applied Corporate Finance」にゲストスピーカーとして来校されました。

今回の授業で使用したケース "Japan Tobacco: The Domestic Giant Going Global (A)(B) "は、伊藤教授が執筆したものですが、そこで取り上げている2007年のJTによる英国のGallaher社買収は、現在でも日本企業の海外M&Aの中で史上最大の案件の一つです。この買収時、新貝氏は、JT インターナショナルの副社長・CFOで、この買収の交渉の責任者を務め、このケースの登場人物の一人です。P1040862.JPG

伊藤教授が1時間に亘り学生と、Gallaherの買収価格についての評価、統合の成功の要因などについて議論をし、その上でさらに、新貝氏が、M&Aにおける準備の重要さ、M&Aにおいていかにシナジーを創出するか、JTにおけるリーダー教育、投資銀行やコンサルタントとの付き合い方などについてもお話くださいました。学生達にとっては、M&Aの成功の秘訣やビジネスリーダーに必要とされる資質について学ぶ大変有意義な講義となりました。

P1040860.JPG

ページトップへ
PORTER PRIZE