教員紹介

UMEZAWA, Takaaki (Tak)
特任教授
梅澤 高明
UMEZAWA, Takaaki (Tak)

専攻分野

経営戦略、リーダーシップ、イノベーション、文化産業、都市開発

担当授業

Becoming an Effective Leader in a Time of Change (EMBA)
略歴

東京大学法学部卒、MIT経営学修士。

A.T.カーニーのコンサルタントとして、日米で25年以上にわたり、戦略・イノベーション・マーケティング・組織関連のテーマで企業を支援。日本代表、本社取締役、消費財・小売プラクティスのグローバルリーダーを歴任。現在は日本法人会長。

CIC Japanの会長として、国内最大の都心型スタートアップ拠点“CIC Tokyo”を2020年秋に開設。スタートアップを中心とするイノベーションコミュニティを構築中。CIC (Cambridge Innovation Center)は米国ケンブリッジ/ ボストンに本社を持つ世界最大級のイノベーションキャンパス運営企業。

(一社)自然文化観光機構(ATCT)、及び(一社)ナイトタイムエコノミー推進協議会(JNEA)の共同設立者・理事。観光庁・文化庁と協働して、全国の自然観光・文化観光の資源の高付加価値化に取り組む。

観光、知財戦略、都市政策、クールジャパンなどのテーマで政府委員会の委員を務める。『NEXTOKYO Project』を主宰し、東京の将来ビジョン・特区構想を産業界・政府に提言し、都内の複数の再開発プロジェクトを支援。

著書に『NEXTOKYO』(共著、日経BP社)、『最強のシナリオプランニング』(東洋経済新報社)など。

外部委員等(現任)

観光庁「上質な観光サービス創出に向けた観光戦略検討委員会」座長
内閣府「知的財産戦略本部」本部員
内閣府「税制調査会」特別委員
国土交通省「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」委員
経済産業省「第四次産業革命による経済社会構造の変化と税制に関する研究会」委員
経済産業省「J-Startup」推薦委員

主な論文

「戦略的グループ経営の実現に向けて」(企業研究会「グループ経営戦略と管理」第1章、2008年6月)
「東北に未来都市をつくろう」(朝日新聞出版「3・11後 ニッポンの論点」、2011年9月)
「日本軍の失敗から学ぶ戦略論」(日本経済新聞社「達人と読むビジネス名著」、2012年11月)
「『戦略不全』企業が生まれ変わるために」(日本経済新聞社「勝利と成功の法則」、2013年4月)
「経済成長と税制」(日本実業出版社「税と社会保障でニッポンをどう再生するか」第2章、2017年1月)

主な著作

「最強のシナリオプランニング」(編著、東洋経済新報社、2013年9月)
「グローバルエリートの仕事作法」(プレジデント社、2015年6月)
「NEXTOKYO」(共著、日経BP社、2017年11月)