プログラム概要

一橋ICSのEMBAプログラムは、長年定評のあるMBAプログラムと同様「二つの世界の融合」(The Best of Two Worlds)というミッションのもと、一年間でエグゼクティブMBA(EMBA)の資格が取得可能なプログラムであり、授業はすべて英語で行われます。日本・欧米双方の経営手法の強みを学び、グローバル化が進む経営環境において、それらを有機的に応用できる経営人材を育てることを目指します。学生は3度の海外研修を通じ、新興国でのビジネス展開の手法や異文化経営を学ぶと共に、デジタル革命がいかに今後の経営を変えていくかなど、最近の企業経営にとって欠かすことができない内容も盛り込んでいます。

当EMBAプログラムは、対面講義とバーチャルクラス(オンラインでの授業)で構成され、会社を離れる時間を最小限にしながら、経営スキルを磨くことができるよう設計されています。一年間のコースのうち6週間(週日)は一橋ICSの千代田キャンパスにおける講義があり、さらに海外での研修にも参加する必要があるため、修了には勤務先企業のサポートが必須です。スポンサー企業にとっても、優秀な人材が仕事から離れることなく、幹部候補として必要な経営のトレーニングを受けられるという利点があります。

プログラム構成、カリキュラム、スケジュール

一橋ICSは、実際の現場で適切な判断を下せる実践知を備えたグローバル・リーダーとしてビジネス・プロフェッショナルを育成します。

Foundation Stage

9月〜12月(4ヶ月)

  • Foundation Launch Pad
  • Core Courses
(I) Foundation Stage
     9月〜12月(4ヶ月)
Foundation Launch Pad
Held on the first two weeks of the Foundation Stage at Hitotsubashi ICS’ Chiyoda campus, the Foundation Launch Pad builds both a common starting point for advanced management learning, and cohesion among the EMBA class.
Core Courses
A carefully curated set of 11 core courses led by Hitotsubashi ICS faculty fortify candidates’ understanding of fundamental management models and frameworks. Run in both physical and virtual classrooms, the core courses impart the latest and most essential management thinking in disciplines such as strategy, marketing, finance and more. In all settings and fields, course instructors emphasize practical application of theory to workplace leadership and management. They combine lectures with lively interaction between students and faculty, and corporate executives are frequent guest speakers who share their perspectives.
Following the Foundation Launch Pad, the Core Courses are taught only on weekends to minimize candidates’ absence from work. Half of the weekend sessions are held at ICS’ Chiyoda campus and the other half virtually, through an internet-based video communication system called Zoom. This arrangement allows students from outside Tokyo to participate in the program; they need to be in Tokyo only once each month for the EMBA program.

Foundation Stage Schedule

Qualifying Exams

(take-home assesments)

Mastery Stage

1月〜8月(8ヶ月)

  • Mastery Launch Pad
  • Mastery Forum
  • Global Immersion Experiences
  • Capstone Project
(II) Mastery Stage
      1月〜8月(8ヶ月)
Mastery Launch Pad
A week-long residential module in January starts off the Mastery Stage, integrating the learning from the Foundation Stage. The Mastery Launch Pad builds students’ skills in formulating and implementing strategies using inter-disciplinary knowledge, and is the point of embarkation for students to work on their individual Capstone Projects. Sessions of the Mastery Launch Pad include: 1) Balanced Scorecard; 2)Problem-solving, providing frameworks for thinking about complex, systemic issues; 3)Design Thinking; 4) Japanese Manufacturing; 5) Executives in the Age of Geo-economics; and 6) Strategy in Emerging Markets.
Mastery Forum
The Mastery Forum provides more knowledge and interaction as students conduct their Capstone Projects, which produce new strategy proposals to their organizations. Creating a good and unique strategy requires a business sense beyond analytical skills; leaders and innovators must be able to communicate their strategies compellingly. In this stage of the program, students make preliminary presentations of their Capstone Project to the Hitotsubashi ICS faculty and their peers, then receive direct feedback aimed to improve their proposal. Moreover, students have opportunities to interact directly with senior executives - including CEOs of prominent Japanese companies - so that they may share and test their ideas.
Global Immersion Experiences
GIEs are visits to three different locations to learn the latest global business practices firsthand. They include a trip to Bangalore/Delhi (February), a trip to Silicon Valley, CA (April), and one Global NetworkWeek (June). All are full-week experiences where students delve right into the lively setting of a growing region and sector. See separate Immersions presentation for more details.
Capstone Project
A key program deliverable, the Capstone Project not only jumpstarts the learning from the Foundation Stage, but also provides the organizing principle for the Mastery Stage. In their Capstone Projects, students work individually and over time on developing a strategy through which their home organization either solves a business problem or harnesses a business opportunity. At the conclusion of the EMBA program, all students present their Capstone proposal - first to an executive of their organization, then to a Hitotsubashi ICS Faculty Panel.

Mastery Stage Schedule

卒業

Management Essentials
In this foundational course, students learn underlying management essentials that will be reinforced and illustrated throughout the EMBA program. At the same time, students consider topics that lie outside the scope of the eleven Core Courses. The topics covered include: history of Japanese management, leadership, data analytics, the aging society, Rongo-to Soroban (the philosophy of capitalism espoused widely in Japan), sustainability of Japanese companies, digital disruption, and more.

EMBA コアコース

9月から12月までの4カ月間、ICSの教員によるコアコースは、対面講義とバーチャル講義にて構成され、基本的な経営理論の習得を目指します。最新のグローバル経営手法に関連する基礎理論を取り上げます。大企業の幹部をゲストスピーカーとして招いたり、講義、ケースを使った議論や対話式のセッションを通じて、企業経営の基礎を学びます。参加学生同士が互いに学ぶためも、授業での各人の参加と発言は重要視されています。

コース担当教官
Becoming an Effective Leader in a Time of Change梅澤 高明
Creating Knowledge for Future一條 和生
Financing for Growth and Sustainability伊藤 友則
Getting Things Done菅野 寛
Inspiring People and Organizations小野 浩/八木 洋介
Leading Across Diversity and Cultureロヤンヌ ドイ
Leading Innovationムスタフェロス ジェームス 
Making Decisions for Shared Value名和 高司
Measuring and Delivering Performances古賀 健太郎
Pursuing Differentiation楠木 建
Realizing Customer Value藤川 佳則

一橋ICSのEMBA

一橋ICSのEMBAは、学生自身のビジネスパーソンとしての目標や勤務先企業の目的等、一人一人の学生に合わせたオーダーメードのハイレベルな教育機会を提供します。

学生の現職と将来のキャリア目標に最大限に活かせるよう、柔軟性を持たせたプログラムを開設しました。

  • HitotsubashiICS 一橋ICS EMBA  one-week !mmersion program to Silicon Valley,experiential leaning in the innovative comunity
    シリコンバレー
  • HitotsubashiICS 一橋ICS EMBA global Immersion program to Silicon Valley learn at the epicenter of the startup ecosystem
    シリコンバレー
  • HitotsubashiICS 一橋ICS EMBA global Immersion program to Bangalore, startups, JVs and NGOs  in the emerging ecnomy
    バンガロール
  • HitotsubashiICS 一橋ICS EMBA one-week Immersion program to Bangalore, learning in a truly global cohort in real world
    バンガロール

キャップストーンプロジェクト

一橋ICSは、実践知を備えたグローバル・リーダーとしてビジネス・プロフェッショナルを育成しています。EMBAプログラムを通して、学生は各人がキャップストーンプロジェクトに取り組みます。ファウンデーションステージで習得した知識を、キャップストーンプロジェクトで戦略提言をすることにより、応用することを学びます。、学生は所属企業と相談しながら、所属企業が直面しているビジネス課題をなんらか選択し、その解決策や事業計画を策定するのがキャプストーンプロジェクトです。学生はキャップストーンプロジェクトの「分析対象」と「プロジェクトタイプ」を、所属企業と相談し、教員のアドバイスを受けながら以下のリストより選択し、最終的に教員の承認を得ます。例えば、あるM&A案件について、交渉戦略、企業評価、資金調達、買収後戦略、人事、PMIなどの様々な観点から課題を分析します。マスタリーステージでは、キャップスストーンプロジェクトの戦略策定を視野に入れながら、プログラム全体に参加し、新しい知識を得ることを目指します。

詳細
SELECT 分析対象の選定

所属企業または所属企業の重要な事業部門、あるいは所属企業が立ち上げようとしている新規事業、または新規事業部門を分析対象として選ぶ。

プロジェクトタイプの例
  1. (A) 全体的な戦略(例・学生の所属企業、部門、業界についての中期計画)
  2. (B) 変革(例・学生の所属企業、部門、業界について、なんらかの改革を実行する計画立案)
  3. (C) ビジネスチャンスの判断 (例・学生の所属企業、部門、業界に関するSWOT分析)
  4. (D) 事業再編(例・学生の所属企業、部門、業界について事業再編や市場からの撤退)
  5. (E) 事業計画 (学生の所属企業、部門、業界における新規事業、新製品投入、新規市場への参入計画)
PROPOSE プロジェクトの提案

1月下旬、プロジェクトに取り掛かる前には、まず各学生はどのようなプロジェクトに取り掛かるのかについて提案し、担当教員の承認を得る必要があります。2月~5月に、プレゼンテーションのための授業を数回設け(75分授業)、学生全員が各自のキャップストーン・プロジェクトについて説明する。クラスメート、教員から改善のための意見や提案を出してもらいます。

プロジェクトの提案内容は、少なくとも次の要件を満たさなければなりません。
  • 「分析対象」と「プロジェクトタイプ」の説明
  • キャップストーンプロジェクトの最終プレゼンテーションまでの計画
  • 最終発表までのスケジュール
  • 最終提出物の形式
DELIVER 最終提出物

学生は、マスタリーステージの終わりまでにキャップストーンプロジェクトを提出し、担当教員が評価を行います。
最終提出物に関する詳細要件および形態(プレゼンテーション、論文、動画等)は教員と協議し、締切日までに提出しなければなりません。キャップストーンプロジェクトの発表には、必須ではありませんが、デジタル技術の活用が盛り込むことが推奨されます。時系列でブログに掲載したり、プロジェクト全体をウェブサイトに掲載したり、公開プレゼンテーションに総合的なデジタルプレゼンテーションを取り入れるといった、様々な手法が考えられます。最終プレゼンテーションは、所属企業の経営陣もしくは、その他の専門家に対してプレゼンテーションをし、フィードバックを受けることが要求されます。
キャップストーンプロジェクトでは、以下のことを要件としています。

  • コアコースで習得した知識を総合的に応用すること
  • EMBAカリキュラムで学んだ知識や分析ツールを活用すること
  • 講義で学んだ理論と実際の経験を一体化させること

イマージョン活動

マスタリーステージの大きな特徴の一つに、海外イマージョン活動(1週間に渡る海外での体験型研修)があります。3度の海外イマージョンを通じて、グローバルなビジネス課題を肌で体験することができます。イマージョン活動は2回のグローバルイマージョン体験(GIE)と1回のグローバルネットワーク週間(GNW)で構成され、グローバルビジネスの複雑さや難しさを経験し、新しく起きているトレンドを見極め、ダイナミックなビジネス環境を実体験することを目的にしてます。(2018年度カレンダーを参照)

詳細
GIEバンガロール バンガロール(インド)に一週間滞在し、日本企業、欧米外資、現地企業や非営利団体を訪ねます。現地の経営陣や起業家と接し、躍動するインドハイテク業界の中心地で、新興国における経営の課題、ビジネスのチャンスと失敗原因、社会問題解決への取り組み等、現地の専門家から学びます。このイマージョンでは以下のテーマに取り組みます。
  • (低所得者層を含む)新興国市場でのビジネスとさまざまな課題
  • 適切な技術の革新(原則としてリバースイノベーション)
  • 起業家精神(社会に大きく貢献できる可能性のある事案)
  • グローバルな問題の解決策(非営利部門の課題も含む)
GIEシリコンバレー 起業によるエコシステムをリードするシリコンバレー(アメリカ合衆国)に一週間滞在し、現地のエコシステムのキーパーソンと交流し、起業のチャンスと課題を体験します。最新の技術革新が、既存ビジネスの破壊だけでなく、世界的な課題を解決する可能性について、現地の専門家に学びます。このイマージョンでは以下のテーマに取り組みます。
  • 技術がもたらす影響(人工知能やロボット工学等のデジタル技術が既存のビジネスモデルに与える影響)
  • 企業におけるイノベーション
  • 営利目的事業の起業
  • グローバルな課題(主に技術面)の解決策
グローバルネットワーク週間
(GNW)
GNWでは、GNAM (Global Network for Advanced Management)提携校から一校を選択して、現地でその学校のエグゼクティブMBAコースに一週間集中的に参加し、海外ビジネススクールの見解、プログラム、教員の専門的知識から学びます。マネージャー職にある他校の学生達とともに講義に参加したり、現地企業を訪問して最新のビジネス課題に詳しい専門家に話を聞くことができます。GNWの特徴は、海外の学生達とともにチームを作り、実社会のビジネス課題に取り組むことです。
Global Network および GNWの詳細はリンク先を参照。