一橋ICSの歴史

一橋大学:「キャプテン・オブ・インダストリー」の育成

History of Hitosubashi ICS Class of 2000 2000年入学のMBA生一橋ICSの歴史
Class of 2000
History of Hitosubashi ICS 一橋ICSの歴史 The Institute for Business Training 商法講習所
商法講習所

一橋大学は、1875年、商法講習所として東京都心部に産声を上げました。商法講習所では会計やアメリカ人教師による英会話などの科目を特色としていました。1923年の関東大震災により校舎のほぼ全てが倒壊、学舎は東京郊外の国立に移転しました。現在でも、一橋大学のメイン・キャンパスは国立にあります。

創立者である森有礼は、日本に商業教育を速やかに広めることの必要性を強く感じ、同私塾を設立しました。森はその後、駐清・駐英公使を経て、初代文部大臣となりました。

国立大学法人である一橋大学は、産業界で活躍する人材を数多く輩出しています。商法講習所の創立に貢献した実業家の渋沢栄一は「日本資本主義の父」として著名であり、また一橋大学卒業生の多くが「キャプテン・オブ・インダストリー」として産業界をリードしています。豊田創業家出身以外で初めてトヨタ自動車株式会社社長となり1996~2006年に社長・会長を務めた奥田碩、日本最大のネット通販サイト「楽天」を創業し、会長兼CEOを務める三木谷浩史なども、一橋大学出身のキャプテン・オブ・インダストリーです。

2000年、一橋ICSはそのような想いを受け継ぎ、日本初の英語で全ての授業を行う国立のビジネススクールとして、一橋大学発祥の地、神田一ツ橋に開設されました。