教員紹介

AKUTSU, Satoshi (Toshi)
教授、DBAプログラムディレクター
阿久津 聡
AKUTSU, Satoshi (Toshi)

専攻分野

マーケティング、ブランド論、消費者心理学、健康経営論、文化心理学、知識経営論、行動経済学

担当授業

Research Positioning, DBA Program

略歴

一橋大学商学部卒。同大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)。 フルブライト奨学生としてカリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院に留学し、MS(経営工学修士)とPh.D.(経営学博士)を取得。同校研究員(1998-1999;2007-2009)。 一橋大学商学部専任講師、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授などを経て、現職。日本マーケティング学会副会長。株式会社アダストリアなどで社外取締役を務める一方、企業ブランディングによって持続的に業績を向上させる経営のあり方に焦点を当てており、それに関連して、企業ブランドが象徴する経営理念によって従業員の健康まで実現する「健康経営ブランディング」を提唱している。

主な査読論文

Min-Sun Kim, Atsushi Oshio, Eun-Joo Kim, Satoshi Akutsu, Ayano Yamaguchi. (2021). Nomological Network of Dispositional Mindfulness: Evidence from MIDUS-II and MIDUS-III, International Journal of Psychological Studies, Vol.13, No.3. Doi: https://doi.org/10.5539/ijps.v13n3p44.

阿久津ほか(2021)「コロナ禍で加速したテレワーク時代の共感マネジメント:コミュニケーションモデルの提案と実践手法の検討」『マーケティングジャーナル』 41, (1), 54-67. Doi: 10.7222/marketing.2021.032

Chiang, Ting-Ju, Xiao-Ping Chen, Haiyang Liu, Satoshi Akutsu and Zheng Wang. (2020). We have emotions but can’t show them! Authoritarian leadership, emotion suppression climate, and team performance, Human Relations, 73(2), 1-30. Doi: 10.1177/0018726720908649.

Uchida, Yukiko, Shinobu Kitayama, Satoshi Akutsu, Jiyoung Park and Steve W. Cole. (2018). Optimism and the Conserved Transcriptional Response to Adversity. Health Psychology, 37(11), 1077-1080. Doi: 10.1037/hea0000675.

Yamaguchi, Ayano, Min-Sun Kim, Atsushi Oshio and Satoshi Akutsu. (2017). The role of anger regulation on perceived stress status and physical health. Personality and Individual Difference, 116, 240-245. Doi: 10.1016/j.paid.2017.03.053.

Kitayama, Shinobu, Satoshi Akutsu, Yukiko Uchida and Steve W. Cole. (2016). Work, meaning, and gene regulation: Findings from a Japanese information technology firm. Psychoneuroendocrinology, 72, 175-181. Doi: 10.1016/j.psyneuen.2016.07.004.

Yamaguchi, Ayano, Min-Sun Kim, and Satoshi Akutsu (2014). The effects of self-construals, self-criticism, and self-compassion on depressive symptoms. Personality and Individual Differences, 68, 65-70.

Suzuki, Satoko and Satoshi Akutsu (2013). I don’t need an agreement on my inconsistent consumption preferences: Multiple selves and consumption in Japan, Advances in Consumer Research, 40, 469-474.

O’Connor, Alexander, Charlan J. Nemeth and Satoshi Akutsu. (2013). Consequences of beliefs about the malleability of creativity, Creativity Research Journal, 25:2, 155-162.

Suzuki, Satoko and Satoshi Akutsu (2012). Examination on the effect of cultural self-views towards consumer behavior: Dialectical self (in Japanese). Japan Marketing Journal, 125, 75-87.

鈴木智子、阿久津聡(2012)「消費行動に対する文化的自己観の影響に対する考察」『季刊マーケティングジャーナル』125, 75-87.

Fujikawa, Yoshinori, Satoshi Akutsu, and Joji Ono. (2012), Context management approach to service value co-creation: Toward emergent dynamic model (in Japanese). Organizational Science (Soshiki Kagaku), 46(2), 38-52.

藤川佳則、阿久津聡、小野譲二(2012)「文脈視点による価値共創経営:事後創発的ダイナミックプロセスモデルの構築に向けて」『組織科学』46(2), 38-52.

Watanabe, Katsumi, Hitomi Takakuwa, Mihoko Amano and Satoshi Akutsu. (2010). Tapping tacit knowledge of consumers using traditional marketing research method, Japan Marketing Journal, 119, 5-17.

渡邊克巳、高桑瞳、天野美穂子、佐野良太、阿久津聡(2010)「選好・選択における暗黙知の影響:実験心理学アプローチ」『季刊マーケティングジャーナル』119, 5-17.

Aaker, J. & Satoshi Akutsu. (2009). Why do people give? The role of identity in giving. Journal of Consumer Psychology, 19, 267-270.

その他論文・論考

阿久津聡(2021)「健康経営ブランディング 螺旋状に上昇するサイクルをめざそう」『Cept健康経営誌』 14, 2-7.

阿久津ほか(2021)「現代日本社会における「生き生き働く」の意味_定量的テキスト分析による検討」『リクルートワークス研究所 Works Discussion Paper』No.40

阿久津ほか(2021)「日本の労働者にみられるワーカホリズムの 生成機序とその帰結」『リクルートワークス研究所 Works Discussion Paper』No.41

阿久津聡(2021)「パーパスブランディングの成否を分ける!各プロセスにおいての広報の役割とは?」『広報会議』No.153(10月号)

阿久津聡(2021)「企業ブランディングの勧め ステークホルダーが期待する企業のパーパスとは?」『日本貿易会月報』No.799(7・8月号)

主な著作・翻訳

・『ストーリーの力で伝えるブランド‐シグニチャー・ストーリーが人々を惹きつける』(訳書、ダイヤモンド社、2019年)

・『職場ではぐくむレジリエンス』(所収、金剛出版、2019)

・『ブランド戦略全書』(所収、有斐閣、2014)

・『ブランド論―無形の差別化を作る20の基本原則』(訳書、ダイヤモンド社、2014年)

・『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012)

・『カテゴリー・イノベーション』(共訳書、日本経済新聞出版社、2011)

・『ドラゴンフライエフェクト』(監訳書、翔泳社、2010)

・『基礎から学べる広告の総合講座』(日経広告研究所編所収、日本経済新聞出版社、2010)

・Dynamics of Knowledge, Corporate Systems and Innovation(Itami他編所収, 共著、Springer、2010)

・『これからの経済学』(日本経済新聞社編所収、日本経済新聞出版社、2010)

・Nation Branding(Keith Dinnie編所収、Elsevier、2008)

・『ブランド・ポートフォリオ戦略』(訳書、ダイヤモンド社、2005)

・『心脳マーケティング』(共訳書、ダイヤモンド社、2005)

・『製品・ブランド戦略 現代のマーケティング戦略①』(青木・恩蔵編所収、有斐閣、2004)

・Hitotsubashi on Knowledge Management (Takeuchi & Nonaka編所収, 共著、Wiley & Sons、2004)

・『ブランド戦略シナリオ』(共著、ダイヤモンド社、2002)

・『知識経営実践論』(共編著書、白桃書房、2001)

・『ブランド・リーダーシップ』(訳書、ダイヤモンド社、2000)

・Managing Industrial Knowledge(Nonaka & Teece編所収、共著、Sage Publications、2000)

・『マーケティング革新の時代 ブランド構築』(片平他編所収、有斐閣、1999)

・『マーケティング革新の時代 製品開発』(竹内他編所収、有斐閣、1999)