教員紹介

YAMAMOTO, Shohei
特任講師
山本 翔平
YAMAMOTO, Shohei

専攻分野

行動科学

略歴

バルセロナ、ポンペウ・ファブラ大学でPh.D. (経済学、金融学、経営学)取得後、一橋ICS特任講師に就任。同時に、一橋大学千代田キャンパス内の実験室(ICS Xlab)の管理を担当する。 研究分野は行動科学で、経済学や心理学を含む複合的な視点から人間の行動や意思決定を研究している。オンライン、ラボ、フィールド実験と様々な実験手法を用いて人々の選好や行動を研究、分析する。さらに、どのような介入によって人々がよりよい選好や行動をとるようになるのかを調査している。
2021年には、行動科学の知見を使って、主に自治体などにコンサルタント業務やナレッジシェアリングをしているNPO、PolicyGarageのメンバーになる。また、ナッジ理論の有識者として、三重県地方自治研究センターのアドバイザーに2022年就任し、講義を行っている。

論文など

    査読論文

  • Yamamoto, S. and Navarro-Martinez, D. (2022) “The Endowment Effect in the Future: How Time Shapes Buying and Selling Prices”, Judgment and Decision Making
  • Akutsu, S., Katsumura, F. and Yamamoto, S. (2022) “The Antecedents and Consequences of Workaholism: Findings From the Modern Japanese Labor Market”, Frontiers in Psychology

    学会論文

  • Yamamoto, S. and Shotaro, S. “Time Preferences are Influenced if Questions Look Like Investments or Loans” in Subjective Probability, Utility and Decision Making 2021 Conference, University of Warwick, Coventry, United Kingdom, 23/08/21
  • Yamamoto, S., Quoidbach, J. and Navarro-Martinez, D. Akutsu, S. “Mood, Nudge and Willingness to Work” in Subjective Probability, Utility and Decision Making 2019 Conference, University of Amsterdam, Amsterdam, Netherlands, 21/08/19
  • Lluís, M., Yamamoto, S., Navarro-Martinez, D. and Costa, A. “Money is Dinero but Health is not Salud: The foreign Language Effect on Intertemporal Choices” in Society for the advancement of Judgment and Decision Making Studies, Pompeu Fabra University, Barcelona, Spain, 11/09/18

  • ワーキングペーパー、進行中の論文

  • Yamamoto, S., Shiba, S. and Hanaki, N. “Eliciting Time Preferences in Gain and Loss Domains by an Incentivized Experiment”, WINPEC Working Paper Series No.E2012.
  • Yamamoto, S., McDonald, R. and Read, D. “Does Time Matter Less in Intertemporal Cross-modal Decisions regarding Effort?”

関連リンク

パーソナルウェブサイト