教員紹介

YAMAMOTO, Shohei
特任講師
山本 翔平
YAMAMOTO, Shohei

専攻分野

行動科学

略歴

バルセロナ、ポンペウ・ファブラ大学でPh.D. (経済学、金融学、経営学)取得後、一橋ICS特任講師に就任。同時に、一橋大学千代田キャンパス内の実験室(ICS Xlab)マネージャーに着任する。 研究分野は行動科学で、経済学や心理学を含む複合的な視点から人間の行動や意思決定を研究している。オンライン、ラボ、フィールド実験と様々な実験手法を用いて人々の選好や行動を研究、分析する。さらに、介入によってその選好や行動がどのように改善、変化するのかの分析を行っている。この介入の研究では、世界中の政府や企業が注目し始めたナッジ理論を活用し、実践的で政策に寄与する介入策を探求している。

主な論文

  • Yamamoto, S. and Navarro-Martinez, D. “The Endowment Effect in the Future: How Time Shapes Buying and Selling Prices”, Management Science (査読中)
  • Yamamoto, S., Shiba, S. and Hanaki, N. “Eliciting Time Preferences in Gain and Loss Domains by an Incentivized Experiment”, Journal of Economic Behavior and Organization (査読中)
  • Yamamoto, S., McDonald, R. and Read, D. “Do Cross-modal Intertemporal Decisions Make Delayed Payments More Attractive?”(進行中)
  • Yamamoto, S. and Navarro-Martinez, D. “Preventing Future-Self Procrastination Using Personalized Smartphone Notifications”(進行中)

主な学会発表

  • Yamamoto, S., Quoidbach, J. and Navarro-Martinez, D. Akutsu, S. “Mood, Nudge and Willingness to Work” in Subjective Probability, Utility and Decision Making 2019 Conference, University of Amsterdam, Amsterdam, Netherlands, 21/08/19
  • Lluís, M., Yamamoto, S., Navarro-Martinez, D. and Costa, A. “Money is Dinero but Health is not Salud: The foreign Language Effect on Intertemporal Choices” in Society for the advancement of Judgment and Decision Making Studies, Pompeu Fabra University, Barcelona, Spain, 11/09/18

関連リンク

パーソナルウェブサイト