教員紹介

OSONO, Emi
教授
大薗 恵美
OSONO, Emi

専攻分野

競争戦略論、イノベーション・マネジメント、知識経営論

担当授業

Strategy(MBA), Capstone Project(MBA)

略歴

一橋大学商学部卒業。住友銀行勤務ののち、ジョージワシントン大学でMBA、一橋大学大学院商学研究科博士後期課程を修了後、同大より博士号(Ph.D.)を取得。
早稲田大学アジア太平洋研究科客員講師(専任扱い)、一橋大学大学院国際企業戦略研究科専任講師、准教授などを経て、現職。

外部委員等

朝日新聞社朝日企業市民賞審査委員、日新火災海上保険株式会社顧問、同社外取締役、株式会社りそな銀行社外取締役、株式会社りそなホールディングス社外取締役、株式会社ローソン社外取締役、東京海上日動火災保険株式会社監査役等を歴任。 現在、経済産業省産業構造審議会臨時委員、東京海上ホールディングス社外取締役、シティグループ・ジャパン・ホールディングス合同会社アドバイザリーボード、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ・グローバル・アドバイザリーボード、日本取締役協会成長戦略委員会副委員長。

主な論文

・The Contradictions That Drive Toyota’s Success” (共著、Harvard Business Review, June 2008)
・Adler, P. S., et. Al. (2009), Perspectives on the productivity dilemma. Journal of Operations Management, 27, 99-113.

主な著作・翻訳

・「アクセルスペース:衛星データプラットフォーム事業への挑戦」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2021)
・「第20回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2021)
・「第19回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2020)
・「第18回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2019)
・「第17回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2018)
・「第16回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2017)
・「第15回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2016)
・「第14回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2015)
・「第13回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2014)
・「第12回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2013)
・「第11回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(共著、『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2012)
・「第10回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2011)
・「第9回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2010)
・「第8回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2009)
・Extreme Toyota (共著、John Wiley & Sons, 2008)
・『トヨタの知識創造経営』(共著、日本経済新聞出版社、2008)
・“Taking Advantage of Adversarial Demographic Changes to Innovate Your Own Business” (Hohlbacher, F. and Herstatt C. 共編、The Silver Market Phenomenon: Business Opportunities in an Era of Demographic Change、Springer、2008)
・「第7回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2008)
・「学習し自己革新するネットワーク組織:トヨタとレクサス・ディーラー」(柴田勉・竹内弘高共編、『より高度の知識経済化で一層の発展をめざす日本-諸外国への教訓』、一灯舎、2007)
・「第6回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2007)
・『イノベーションの実践理論』(共著、白桃書房、2006)
・「投下資本利益率ROICの戦略的活用法」(共著、『会社四季報』、東洋経済新報社、2006)
・“Learning and Self-Renewing, Network Organization: Toyota and Lexus Dealers” (Japan, Moving Toward a More Advanced Knowledge Economy, Volume 2, World Bank Institute, 2006)
・「第5回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2006)
・「第4回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2005)
・“Strategy Making Process as Dialogue” (Hitotsubashi on Knowledge Management, John Wiley & Sons、2004)
・『技術価値評価:R&Dが生み出す経済的価値を予測する』(翻訳、宮正義監訳、ピーター・ボイアー著、日本経済新聞出版社、2004)
・「第3回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2004)
・「第2回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2003)
・「戦略的組織か学習する組織か」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、 2002)
・「第1回ポーター賞受賞企業から学ぶ」(『一橋ビジネスレビュー』、東洋経済新報社、2002)
・「システム間競争とシステム内競争」(『マーケティング革新の時代:製品開発革新』、有斐閣 1999)
・「新製品開発における競争と協調の戦略」(『マーケティング・ジャーナル』、1998)

主なケース・教材

・Toyota in North America 2013 (2013)
・Toyota Indonesia (共著、2013)
・新しいプラットフォーム戦略によるイノベーション:トヨタイMVプロジェクト (2006)
・グローバル・ナレッジ・センター:販売のトヨタウェイの共有 (2006)
・Can Toyota Attract Young Customers? (A), (B), (C),(D) (2004)
・トヨタ、欧州市場へのコミットメント:イタリアとドイツ(2004)
・Toyota’s Commitment to Europe: Italy and Germany (2004)
・トヨタ自動車 アジア:歴史への挑戦 (2003)
・Toyota Motor Corporation Asia: A Historical Challenge (2002)
・レクサス -トヨタ自動車の米高級車セグメントへの挑戦(2002)
・Lexus: The Challenge of the U.S. Luxury Car Market (2002)